不動産の管理法人設立のメリットとデメリット(弱小大家さんの場合)

雑記
この記事は約5分で読めます。
スポンサー検索

他の方のブログもとても参考になるのでクリックオススメです

みなさんこんばんは鴨葱です。

法人設立のメリットとデメリット

  • (簡単に法人が作れるサービス)
    • Freeeのサービスの会社設立Freeeが使いやすい(印紙代の節約)
    • 設立費用も6万程度(登録免許税)
  • (メリット)
    • 管理物件の売却時に譲渡所得税(短期・長期)を考えなくても良い
    • 法人を設立して決算する一連の流れを体験できる(経験値)
  • (デメリット)
    • 合同会社の維持費は住民税7万とFreeeの代金2.5万/年ぐらい

中古車ローンを組もうと思う話

2020年もあとわずかになりましたね。

今年も29日から本業の不動産屋さんがお休みに入りまして今年は4日までお休みをもらっています。

今朝は、奥様と『おせち料理の調達』及び洋服を見に、所沢に行ってきたんですが…。

奥様のお目当ての店があると私が誤認、グーグルマップを一瞥して所沢にお見せがあるという記載があったので、特に確認もせず付いたらお店が無いという失態、結局所沢駅前で揉めて、最終的には2日レンタカーで出動して初売りに行くことが決定してしまった。

新宿にもお店があったらしく、西武線使うなら新宿まで出て買物して年内に終わらせたほうが結果的に時間もお金もリーズナブルだったっぽいので悲しい…、年初最初のおデート代と思って目を瞑ろう。

最近は、もっぱらタイムズカーシェアを使っているのだけど月に大体10,000~15,000円ぐらい使っている…、年間のコスト考えると車買ったほうがいいかもと思って、先日中古車を150万で契約してきた。支払いは現金あまり使いたくなかったので自動車ローンを2行に審査かけたら7年落ちの中古車に10年ローンが付いた…。これってサラリーマンの与信みて貸しているから基本的に言い値のローン期間とれるもんなんだろうか?普通に150万ボロ戸建で10年借りるのとそんな変らない気がするんだけど、片方が電話一本の簡易審査、片方が文句言われながら書類出して通るか通らないか、明らかにボロ家150万のほうが取りっぱぐれないきがするんだけど、どうなってるの?

なんで私が法人を新設するのか?

んで、脱線したんだけど、今日のタイトルにもある、法人を新設してみようと考えていて、今丁度Freeeの開業ソフトを使って途中まで申請してみた、1,980円/月のサービスに加入すれば設立コスト(電子約款作成)なんかはFreee側で持ってくれるらしい、法人化したら決算しないといけないし個人事業主分の確定申告はFreeeでやっているので互換性があるからサービスに入っちゃえと思っている。

なんで法人化するの?と聞かれると、一言でいうと『経験値取得のため』というのがしっくりくる。

法人を作ると儲かる儲からないにかかわらず年間に7万の住民税?が係るので会計ソフト入れてざっと10万ぐらいの定期出費になる、戸建1棟とアパート1棟の個人事業主のわしからすると、費用的にも税務的にもあんまりメリットが無い感じなんだけど、ずっとここ数年法人を作ろうか悩んでいて、どちらかというと法人格を取得して代表という立場を味合う、経験するという必要がある気がしていて、個人事業主よりも経営者という感じがするし、経験が欲しい感じが強い、というのもサラリーマンの方は一向に経営者目線が分からんで、上層部と話をするとかみ合わないことが多い、やっぱり現場の人間と経営者って人間の基本スキルとマインドセットの違いが悪いGAPになってる。

会社作っておけば、譲渡税に悩まされずに資産の入れ替えも出来るし、法人でファイナンスを受ける機会もあると思う、いま個人事業主のままフラフラ行くよりは法人を作って、まずは運営してみるということ、このチャレンジするという所に意義がある気がする。纏まらない文章能力と薄っぺらい思考力でつらつら言い訳考えるより当たって砕けるまでやってみればいいという結論に至った。

いざ作ろうと思うと社名とか悩んだりするんだけど、あとから変更すればいいということで、とりあえず自分の名前に数字を付けて進めてみることにした。あとは実印と銀行印と各印の発注をして明日印鑑証明書類を発行してくれば、年内出来る範囲は完結しそう。

あとは行政書士さんが電子約款作ってくるらしいので印紙税4万?ぐらいは浮くので免許税6万用意すればいいのかな。決算月は将来的に税理士さん使うことも考えて繁忙期の12月決算、3月決算の会社が忙しい1月2月、4月5月は外して夏場の8月末設定にしてみた。

実際の申請は明日やろうと思う、資本金は100万~150万ぐらい入れて戸建の上物を法人に移転して年間60万ぐらいの売り上げの中でやり繰りする形を取ろうかと思っているのだけど、もう少し知識をYoutubeとかから仕入れる必要がありそうという印象なんだよね。

会社でも文章書くのとか会議纏めるのへたくその極みという感じの扱いを受けてるんだけど、今日の文章を読み返したら確かにと思った。

何かいてるのか読みにくい文章になっている気がするんだよね。もうね癖で『結論から言ってない』とか読みにくいとか、記事書いてるときは意識して書いているけど流れが気でダラダラ文章打っていると思いだしありきだからヨクナイね…なので雑記カテゴリで書いているんだけど、たまにブログか書かないと…、ということでTwitterの名前の変更したので、ここから頑張っていきたい。

来年の目標は、家賃売上で月間40万越え、返済後粗利で30万を目指したいところ…。とりあえず我孫子のアパートが満室になれば、月15万ぐらいの売り上げになるので埼玉の戸建が5万ぐらいで20万は狙える、資金的に現金商売が厳しくなっているので借り入れを駆使して4物件もしくはアパート一撃入れて売上+20万、返済比率は40%ぐらいで月間売上40万を達成したい、1月中に交渉のテーブルに乗る物件をかき集めて自動車ローンの実行が終わるぐらいの1月末から金融機関に持ち込みしていく、平日仕事なので有給をボチボチいれて2週に1回以上は金融機関の開拓に力をいれてやっていきたい…。

ちなみに役員報酬は0円にして、本業のサラリーマンの方には影響ない形でやりたいと思っている。

結局ここ2年ぐらい不動産運用して思ったのはDIYは私には無理だったってことと、現金をひたすら突っ込むスタイルの不動産投資には拡大にスピードが著しく遅いということと、借入して破産したとしてもやり直せるからビビるなという事だけだったなという年末のまとめ。

タイトルとURLをコピーしました